矯正とOSAS|足立区鹿浜の歯科なら、小澤歯科

診療時間 日・祝
10:00~13:00
14:30~18:00

休診日:木曜・日曜・祝日

※最終受付は17:30までとなっております。

〒123-0864
東京都足立区鹿浜5-21-3

tel. 03-5691-4618
  • 地図
  • メニュー

ビムラー矯正とは

足立区鹿浜・小澤歯科

ドイツの「ハンス・ピーター・ビムラー」博士によって開発された歯列矯正装置です。
抜歯の必要がなく、寝ているときにお口にはめるだけの簡単な1946年に発表され、開発者であるビムラー博士の名前で呼ばれるようになりました。
※当院の院長は『子供の睡眠と咬み合わせを守る会 会員』です。

ビムラー矯正の特徴

  • 歯を抜く必要がない
  • 基本は就寝時のみの着用
  • 痛みや他の歯への負担も少ない
  • 虫歯になりにくい
  • 装置の取り外しが簡単
  • 後戻りしにくい
  • 顎のバランスも総合的に治せる

ビムラー矯正は、お子様の成長に合わせた身体にやさしい顎歯列矯正です。
詳しくは、お気軽にスタッフまでお尋ねください。

インビザラインとは

足立区鹿浜・小澤歯科

マウスピース型の透明な矯正装置です。
初めに歯型をとり、3Dコンピューターソフトで解析して治療開始~終了までの歯の動きをシミュレーションします。歯の移動に合わせてマウスピースを定期的に取り替えて少しずつ歯を動かしていきます。


※当院の院長は『インビザラインの認定医』です。

インビザラインの特徴

  • 透明なマウスピースで目立ちにくい
  • 取り外し可能かつ定期的に交換するので衛生的
  • 装着がとても簡単
  • 装置が外れてしまう心配がない
  • 違和感を感じにくい
  • 画像と動画で視覚的に歯の移動が確認できる
  • 通院回数が少なくすむ

※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

スマイルトゥルー矯正とは

足立区鹿浜・小澤歯科

歯型の模型を3Dデータに変換し、歯を本来あるべき場所へデザインします。
アメリカにてデザインし、国内にてマウスピースを作製いたします。
治療前に3D上で歯並びの予測を立て、患者様にご納得いただいてから治療を開始いたします。

※当院の院長は『Smile TRU は Smile TRU 認定医』です。

スマイルトゥルー矯正の特徴

  • 透明なマウスピースで目立ちにくい
  • リーズナブルかつ短期間での治療
  • 違和感やストレスを感じにくい
  • 使用方法がとても簡単
  • 定期的に交換するので衛生的

スマイルトゥルー矯正は、1日20時間装着し、2週間ごとに交換するだけ!
今までの矯正治療と比べても、あらゆる負担の軽減を実現した次世代の矯正法です。

OSAS(閉塞性睡眠時無呼吸症候群)とは

足立区鹿浜・小澤歯科

OSAS(オーサス)とは、Obstructive Sleep Apnea Syndromeの略で、閉塞性睡眠時無呼吸症候群のことを指します。
睡眠時に呼吸が止まってしまうことがある、または浅く弱くなることにより、様々な日常生活に影響をおよぼす疾患です。 一般的には、検査にて発見することができ、効果的な治療も確立されています。

※当院院長は『ISASA 国際睡眠時無呼吸アカデミー 会員』です。

OSASセルフチェック

  • 点数
  • いびきがうるさいと指摘されたことがある1.5
  • 肥満気味である1.5
  • 高血圧気味である1.5
  • 仕事中・運転中などに眠気がひどい1.5
  • 寝つきは悪くないが、夜間よく目が覚める(寝つきが浅い)1.5
  • 寝ても疲れが取れない1.5
  • お酒を飲んでいない日も、就寝時息が止まるときがある1.5

上記の合計が3.0以上の方はOSASである可能性があります。
睡眠時無呼吸症候群の治療をせず、交通事故を起こした場合、「危険運転」として重い責任を問われる可能性があります。
数年に1度は、医療機関で検査されることをお勧めいたします。

OSASの治療法

当院では「いびき」や「睡眠時無呼吸」の治療にスリープ・スプリントを使用します。
スリープ・スプリントとは、舌根が下がらないように下顎が上顎より若干前にくる(反対咬合気味)に調整し、上気道が塞がってしまうことを防ぐ装置です。
寝ている時にのみ装着するだけで、気道を確保できぐっすり眠れるようになります。

※基本的にスリープ・スプリントは自費診療となります。
保険適用できるのは閉塞型睡眠時無呼吸症候群と診断された方に限り、検査を受けた医療機関の紹介状と検査結果が必要になります。保険診療のものと自費診療のものでは、装着した際の違和感が大きく異なります。ご予算や症状に合わせて最適なものをご提案いたしますので、ご興味ございましたらお気軽にお問い合わせください。

● いびきがひどい睡眠…

舌根が下がり、気道が狭くなりいびきが発生します。
深い眠りを得られず、疲れが取れにくくなったり睡眠時無呼吸症候群の心配があります。

● スリープ・スプリントを使用した睡眠…

十分な気道を確保でき、スムーズに呼吸ができるようになります。
質の良い眠りになり、目覚めもすっきりと心地よいものに変わります。

当院では、フィリップ社の「ウォッチパット」を患者様にお貸出しして、
無呼吸の確認をさせて頂いてから装置の製作にとりかかります。

参考サイト:
https://www.ikejiri-dc.com/45_ibiki/

日中の眠気やいびきが気になる、ご自身の睡眠についてお悩みの方は、なるべくお早めにご相談ください。